消費者庁許可特定保健用食品マーク

「日本オリゴのフラクトオリゴ糖」は
「おなかの環境を良好に保つ」効果が
消費者庁
に認められた特定保健用食品です
(※-2009年9月 厚生労働省)。

 
   
ホーム
フラクトオリゴ糖とは?(そのはたらき)
おなかの中の健康の大切さ

商品紹介
(インターネット販売)

Q&A
レシピ(簡単メニュー更新)
会社案内
取扱い商品
その他の商品(グルカン)
E-mail(お問い合せ,ご注文など)
体に優しい家族に優しいオリゴ糖
フラクトオリゴ糖は、新鮮なタマネギ、ゴボウなどの野菜に含まれる糖質で、カロリーは、砂糖の約半分です。
お砂糖の代わりに、
毎日大さじ1杯程度を、紅茶、コーヒー、ヨーグルト、牛乳などに入れてお召し上がりください。 お料理にもよく合います。

くせのない甘みで、赤ちゃんからご年配の方まで親しみやすい甘味料です。毎日大さじ1杯分をとり続けるとおなかの環境を良好に保ちます。 
日本オリゴのフラクトオリゴ糖」は「おなかの環境を良好に保つ」という効果が認められた 消費者庁許可 特定保健用食品100g中にフラクトオリゴ糖40g以上を含んだ液状の甘味料です。

プレバイティクス
「日本オリゴのフラクトオリゴ糖」はプレバイティクス食品:「大腸に棲みついている善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌)の増殖を促し、腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを整える難消化性の食品成分」です。      

 

オリゴ糖は適量を毎日とりつづけることが大切なものです。
>善玉菌優勢な腸内フローラのため、とりはじめから、
 まずは数ヶ月つづけていただきたい商品です。

 

お腹の中の健康の大切さ

Q.効果を期待するなら、どんなオリゴ糖がよいですか?。

>>>Q&Aページへ              

クラフトオリゴ糖の知る得情報

 

 

 

 

 

おなかにやさしい組み合わせ

使い方簡単

●フラクトオリゴ糖は、おなかにもともと棲みついている善玉菌の好適な栄養源となります。
善玉菌はどなたの腸内にも棲みついています。オリゴ糖でおなかの中からの増やすこと、
ヨーグルトや発酵食品(乳酸菌などを含む食品)での善玉菌の補給が「腸内環境を良好に保つ」大切なポイントです。
・食べはじめや一度に多量に食べ過ぎるとお腹がゆるくなるときがあります
 (善玉菌が増えたことが原因ではありません)。
・食べはじめや一度に多量に食べ過ぎるとお腹がはることがあります。
 (腸内細菌が変化しはじめた合図とお考えください。通常数日で落ちついてきます)。
 個人の体質にあわせ、そのときは少量から徐々に量を調整ください
 (シロップ15g/日は目安量です)。
・オリゴ糖は、食品ですので摂られる量に特に制限はありませんが、
 ご本人の体質・体調に合わせ適量をみつけてご使用ください。
 (腸内環境(腸内細菌叢)は 2週間~3ヶ月程度を目処に徐々に変化していくといわれています。)
 
●フラクトオリゴ糖は、その他のオリゴ糖などと比べ、水に溶けやすい(溶解度が高い)特徴があり、これはどんな食品にも合わせやすい特長です。
・日本オリゴのフラクトオリゴ糖は通常の調理(煮物、酢の物)などで成分が損なわれること
 はありません(熱 , 酸)。

・赤ちゃんからご年配の方まで、安心してお召し上がりいただけます。
Q.乳幼児に食べさせるときは?…A. 2g(製品)/体重10kg(小さじ半量程度)
 と換算してご使用ください。


毎日とりつづけたい5つの特長

問:フラクトオリゴ糖ってどんなもの?

答:
フラクトオリゴ糖は、自然界では主に野菜の中に存在しており、代表的なものに、タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、バナナ、ハチミツなどがあります。特にそのなかでも新鮮なものの中に少量貯蔵される 糖質です。 

野菜、果物

 

 

 

 

日本オリゴのフラクトオリゴ糖」は、国産 甜菜(さとう大根)からつくられた砂糖(:てんさい糖)100%を原料に、フラクトオリゴ糖を充分含むシロップとして、天然微生物の 発酵の力(酵素)を利用して、当社工場にて原料より一貫製造しています。自然の風味を最大限残す製法を利用しています。
※発酵は日本の伝統的な食品(味噌、醤油、酒)などにもちいられる代表的な加工の手法です。※「酵素」とは発酵に不可欠な自然由来の成分です。
国内原産料使用

>>>Q&Aページへ              

悪玉菌さんさようなら
日本オリゴのフラクトオリゴ糖 | Facebookページも宣伝