日本オリゴ 株式会社

特定保健用食品(トクホ)のフラクトオリゴ糖の販売・通販|日本オリゴ株式会社

商品ラインナップ

CONTENTS

オリゴ糖について Q&A

 

レシピ紹介

 

FAX注文用紙

 

QRコード

日本オリゴのフラクトオリゴ糖[HOME]»  フラクトオリゴ糖とその「はたらき」

フラクトオリゴ糖とその「はたらき」

フラクトオリゴ糖とは?

フラクトオリゴ糖とは?

 

フラクトオリゴ糖とは?

 

フラクトとは?
フラクトース:果糖のことで、果糖が連なったオリゴ糖を表しています。


フラクトオリゴ糖は、砂糖に果糖が1~数個結びついた状態で、砂糖に近い、くせのない、まろやかな甘さが特徴の健康的な甘味です。

またカロリーは、砂糖の約半分。1グラムあたり2kcalです。

<フラクトオリゴ糖の名前と特徴>

1個結びついたもの●-▲-▲ ケストース
善玉菌をすばやく増やすスターター的役割

2個結びついたもの●-▲-▲-▲ ニストース
広範な善玉菌の栄養となる役割(じっくり)

3個結びついたもの●-▲-▲-▲-▲ フラクトシルニストース
より広範な善玉菌の栄養となる役割(更にじっくり)

 

これら3種のオリゴ糖、それぞれの持つ特徴がよりおおくの善玉菌のバランスの良い栄養となる源となっています。これらはフラクトオリゴ糖が持つ特徴でもあります。

日本オリゴのフラクトオリゴ糖は、砂糖●-▲に果糖▲が1~3個
(最大で4個)結びついたものです。

 

おなかの中の健康の大切さ

おなかの中、特に大腸には数百種類、100兆個以上の細菌が棲んでいるといわれています。
その中には、人のためによい働きをする、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌、逆に悪い働きをする悪玉菌および中間菌がいることが知られています。
それらはお互いにせめぎ合っており、どちらかが0になることはありません。

現在の生活習慣の変化と同じくする、食の欧米化(高脂肪、高タンパク食)への変化は不可避な状況であり、これらの食習慣は、悪玉菌が優勢となり、善玉菌が減ってしまう背景となっています。
その結果、腸内環境は悪化してしまいます。
また加齢とともに腸内の善玉菌が減ることが知られています。

 

おなかの中の健康の大切さ

 

おなかの中の健康の大切さ

 

1.規則正しい食生活(主食、主菜、副菜)を基本に食事のバランスをとる
2.適切な水分補給、また適度な運動をとる
3.規則正しい生活習慣を心がける

それらとともに現代の食生活では
4.善玉菌の好適な栄養源であるフラクトオリゴ糖などのオリゴ糖をとることで、
おなかの中から善玉菌が元気になり、悪玉菌の数や有害物が減り、腸内環境を良好に保つことが大切です。

善玉菌優勢なおなかの状態こそが「良好な腸内環境」といえます。

「腸内環境が良好」とは、便通などの改善、ひいてはそれらに係る健康リスクの低減につながると考えられています。
フラクトオリゴ糖などのオリゴ糖は、日本人が古来より食物の中から自然にとりいれてきたものでした。

 

おなかの中の健康の大切さ

 

現在の食習慣では、これらのオリゴ糖を一定量(まとまった量)、毎日摂り続けることが良いことが分かってきています。フラクトオリゴ糖などのオリゴ糖は、「現在の食生活に合った、毎日摂り続けたい」食品なのです。

 

おなかの中の健康の大切さ